【レポート課題(4)のコメント】

 

¨         問題1は,jに関するfor文の初期値をiの値を利用することにより指定すればよい.すなわち,iの値が123,…と増えると,jの初期値も123,…と増えていく.

 

¨         問題2で,全要素が1の正方行列を作る際に指定する次元は,入力した行列A行の数となる.したがって,下記のようにすると間違いである.

d=size(A);

Y=[A ones(d)]

行列Aが正方行列であればこれでも問題はないが,例えば,23列の行列Aに対しては

Enter Matrix A [1 2 3;4 5 6]

Y=

     1     2     3     1     1     1

     4     5     6     1     1     1

と間違った答えになる.

 

¨         問題3で,正方零行列を作る際に指定する次元は,入力した行列A列の数となる.したがって,下記のようにすると間違いである.

d=size(A);

Z=[A; zeros(d)]

行列Aが正方行列であればこれでも問題はないが,例えば,23列の行列Aに対しては

Enter Matrix A [1 2 3;4 5 6]

Z =

     1     2     3

     4     5     6

     0     0     0

     0     0     0

と間違った答えになる.

 

 ¨         指定された次元の行列の結果でないものがあった.プログラムは正しくても減点となるので注意すること.

 

 

レポート課題(4)

 

解答例