製作中の実験装置など(2017年度)

製作中の実験装置など(2017年度)

本研究室で設計製作している実験装置などを紹介します。

 

図1 RCプレーンレーザーカットキット(2017.6.7)
PILOTから販売されていたCombo25 TOMAHAWKをベースに電動仕様(15クラス,例えば,OSモーター OMA-3815-1000-W)として設計しました。
全長1000mm,全幅1420mm,2車輪式 
使用したCADソフトとレーザー加工機:RootRro CAD 8 Professonal,EPILOG LASER Zing16-30

図2 倒立振子実験装置レーザーカットキット(2017.7.15)
駆動用ギヤドDCモータ:スリーピース TP-2732F-KP-23-S1-24,モータドライバ:スリーピース TPDR-58A,DCタコジェネレータの代用品:
スリーピース TP-2732E-24,ロータリーエンコーダ:オムロン E6A2-CW5C 500P/R 0.5M(4逓倍で使用)

振り子角変位検出用ロータリーエンコーダ:マイクロテックラボラトリー MES-12-2048PC(4逓倍で使用)
材料:3mmシナベニヤ
使用したCADソフトとレーザー加工機:RootRro CAD 8 Professonal,EPILOG LASER Zing16-30

図3 倒立振子実験装置レーザーカットキット
各パーツは図面通り正確にレーザーカットされ,DCモータシャフトとタコジェネレータシャフトのミスアラインメントもありません。

図4 倒立振子実験装置レーザーカットキット
シャーシはM3ねじと四角ナットで組み立てられ,分解もできます。

図5 倒立振子実験装置レーザーカットキット(2017.8.3)

図6 倒立振子実験装置レーザーカットキット


最終更新日:2017年8月3日
戻る