情報科学概論 Aクラス 宿題 2002.5.28

買い物をする際の所持金の残高を表示することを想定したスクリプトを考える. 以下の処理を実現するスクリプトを作成し,ファイル名を s0240**-5-28.rb としてメールの添付書類として提出すること.

  1. 最初の手持ちのお金は300円とする.

  2. スクリプトの実行は,本日のテキストの最後の例のように引数なしで始め, 使用金額を逐次入力する形式とする.

  3. 使用した金額を入力すると以下の出力を行う.

    1. 使用金額が残高よりも少ない場合には,

      Used: **, Remaining: **

      のように使用金額と残高を1行に表示して次の入力を待つ.

    2. 使用金額が残高よりも多い場合は,

      No way.

      と表示して買い物が出来ない.

    3. 使用金額が残高と同じ場合には

      Used: **, Purchase finished.

      と1行で表示して処理を終わる.


提出先gaia@mag.shimane-u.ac.jp
提出期限2002.6.3 17:00
件名ruby-a-5-28
その他学生番号と氏名を記載しておくこと
Sylpheedを使用すること
件名を間違えた場合は採点されないことがあるので注 意すること
添付のファイル名を間違えた場合にはまったく採点さ れないので特に注意すること
質問用アドレス agul@mag.shimane-u.ac.jp


Back