2017年度

出雲高校 SSH

2017年 11月 13日

今年は出雲高校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の一環として、出雲高校の学生さん数名が課題研究に取り組まれています。これに関連して、出雲高校と横田研が連携し、出雲高校の学生さんの最終発表(英語での発表ですよ!)に向けてを実験を行ったり、発表練習しています。

この日は、発表内容の確認などするために、島根大学にご来校されました。

5名の学生さんと(生徒さんに隠れてしまってますが)引率の先生1名でご来校。
これから発表練習です。

スライドを説明される出雲高校の生徒さん。
発表練習していると・・・

横田先生が発表の流れをご指導されました。
これは発表の全てに共通する基本となるので、是非覚えて下さいね。

スライドの作り方もご指導される横田先生とそれを聞く学生さん。
スライド作りで意識することは「相手に読ませるのではなく、見てすぐに分かる」ものにすることです。

 

なんとここで!!横田先生が招待講演で発表された(この発表も英語ですよ)スライドをもとに、発表の流れやスライドの作り方を話されました。

先日開催されたISOMのスライドをもとに説明される横田先生。

スライドの作りこみや伝わりやすさに驚嘆されておられる引率の先生。

圧倒されてる生徒の方々。
このスライドでは、横田先生が全て英語で説明されました。
出雲高校の生徒さんも、英語での発表が控えていることもあり、真剣に聞いています。

先生のスライドを見て勉強する学生さんたち。
スライド作成、応援します!

最後は、これからの流れやスケジュールを確認。

次はおよそ1か月後にご来校される予定です。
それではまたお会いしましょう

2017年11月13日

第3回横田研OB・OG会

2017年 11月 4日

横田研は今年、創立10周年目を迎えました。節目の年ということで、第3回目となるOB・OG会を開催しました。今回は14名のOB・OGの方々、先生と在学生を含め、総勢22名になりました。


まず、現在の研究室を見ていただきました。5年前から研究室兼実験室だった部屋が実験室となり、研究室が移動していたことに驚かれた方もいたのではないでしょうか?


初年度からある年季の入ったPC。「お高いのでふれるべからず」と10年前に書いた注意書きがそのまま残っており、書いた眞部さんも驚かれていました!


見覚えのある装置が至る所に…、思い出と共に先生に怒られた記憶がよみがえり盛り上がりました。今となっては笑い話ですね。


実験系を前に過去の研究の話に花が咲きます。

今年度作成したアナログホログラムに興味深々な先輩達。コインが見えます。


研究室を見学 …物が多いです

研究室にある歴代の集合写真を眺める1期生のみなさん


研究室創立当時から現在までを振り返りました。喜怒哀楽のある研究室で、それだけ記憶に深く刻まれています。1世代また1人ずつに思い出があり、1日2日では語り尽くせません。

研究室の歴史を笑い話を交えて語る先生

全体の様子。近い世代で隣同士に座っています。


先生と近況などを語られる先輩方。しかし、笑い声が絶えません。


学部生4人(撮影:石飛さん)


ここで…河上さん(3期生)が研究室に残された握力100kgのハンドグリッパーが登場。

河上さん以外に閉じられる方は未だ横田研にはいません。閉じるコツを教えていただきました(笑)


OB・OGの一人一人から自己紹介、業務内容、在学生に向けて社会で必要なことなどを話していただきました。最近卒業された先輩方から順に紹介していただきました。

説明の様子(4~9期生)

簡単にまとめました。一部、省略しました。

竹田さん:上司に製品の設計図を提出したとき「これじゃ分からないよ」と言われました。スケジュール的に1つの図面に時間を掛けられないので、効率的、迅速に仕事することを意識してください。

金森さん:普段の身なりが色々なところに通じる。その1つに、会社では装置の作成に1か月かかるものもあり、作り始めはきれいでも時間が経つごとに傷が入ったり塗装が剥げたりします。普段、自分の身なりに気を遣っていると、こういった仕事の面で、塗装が剥げているから塗直そう、きれいに見えるように拭き取ろうという発想につながります。

小西さん:InputとOutputを大切にしてください。横田研ではOutputが大切というのはよく言われていると思います。よいOutputを出すには正しいInputが必要です。Inputは背景・動機で、Outputはその背景や動機に対する結果です。

青山さん:仕事をし始めると、この分野だけ勉強すればいいというのは無いです。複合的に色々なことを勉強する必要があります。また、会社では時間に縛られます。大学であれば、最悪徹夜ができるが会社だと時間が決まっているので、普段からいかに効率化するかを考える必要があります。

石倉さん:横田研での経験から、色々な人とざっくばらんに話せる能力が上がりました。仕事をやっていく中で、自分のやりやすいように交渉する必要があります。いきなり自分の主張を言うのではなく、最初は仲良くなるように努めます。やはりコミュニケーション能力が大事で、「職人」の方と一緒に働くことも多いので、しっかり意思疎通を図っています。

五井さん:現在、毎週報告会があり、横田研でやってたことがそのまま活きています。皆さんも就職したら個人差はあるでしょうが、横田研でやっていることがそのまま仕事に活かせるので、しっかり頑張って下さい。時々、「大学でやったことは役に立たない」と言われる方がいますが、それは絶対に違います。


途中でしたが、飲み会の時間が迫っていたので中断し、場所を松江駅近くの旬門へ移しました。

乾杯の挨拶をされる横田先生

以下、飲み会の様子です。


お酒がまわってきたところで、先程の続きです。

説明の様子(1~3期生)

尾野さん:(どんな人を雇いたいか?という質問に対して)こういうところが駄目だと会社の短所を言ってくれる人です。当然、文句だけ言う人のことではありません。普段から仕事をしっかりやっていているのが前提です。あと、失敗から学んでください。(尾野さん自身が)一度、大失敗をして社員に迷惑を掛けたことがあり、今でも心残りです。また、管理職としては、やはり報連相を徹底している人がいいですね。

河尻さん:赴任したとき、一から勉強しないといけない環境でした。その状況の中では、横田研で培った経験が活きました。

河上さん:三現主義を知っていますか?現場・現物・現実・の3つです。何が言いたいかというと、例えば、どういう原理でこの装置は動いているのだろう、このプログラムはどういう流れなのだろうかということを理解して使ってください。絶対にブラックボックスで扱わないでください。その根幹の部分を知らないで使っていたら、何かあったとき対応できません。それを使って新しいこともできません。これは研究も同じです。

眞鍋さん:どんな些細なことでも疑問に思ってください。上司から「お前この仕事やってて、何も疑問に思わんのか?」と言われました。ある日、何かの設計図を見て、これでいいかとすぐに流しました。でもそれは駄目だと後から気付きました。それを見た自分が納得するまで疑問をぶつけなかったからです。
わからないことがあったら、プロに聞いて下さい、どんな些細なことでも。わかったことはアウトプットして(話して)自分のものにしてください。それじゃないと、その仕事、やっていけなくなります。

石飛さん:本当に嫌だったら、極論、転職してしまえばいい。でも自分がやりたい業務じゃないor自分の不本意なところに配属されてもマイナスに思わないでください。絶対に自分の糧になります。
 学生のうちにやっておくべきことは「絵を描けるようになること」。絵を描いて自分のやっていることを説明すると、2ついいことがあります。1.自分の頭を整理できる。2.伝えやすい。絵を描いて説明できない点は自分が理解できていない点です。

足立さん:言いたいことをほとんど言われてしまいました。ワークライフバランスを大切に、体調管理に気を付けて下さい。


締めの挨拶をされる横田先生

特に、社会経験が一番長い1期生の方々は先生が伝えたことを、社会経験を踏まえて自分の言葉で話されたその成長ぶりに驚かれていました。OB・OGの方々を見て、教育したことが社会で活かされていて良かったと言われていました。

一本締めで締めました。

集合写真

遠方からわざわざ来て下さったOB・OGの皆様、ありがとうございました。非常に有意義な会となりました。次回のOB・OG会でまたお会いしましょう。くれぐれも体調管理にはお気を付け下さい。

2017年11月04日

ISOM2017

2017年 10月 25日

10月22日から25日の4日間、国際会議ISOM2017が松江のくにびきメッセで開催されましたね。

 

招待講演で横田先生、ポスター発表で楠木君(M2)、石川君(M1)、ハイダ君(B4)が参加しました。
3日目にポスター発表がありました。

上から楠木君、石川君、ハイダ君です。


ポスター発表終了後のバンケットでは、横田先生が乾杯の挨拶をされました。

松江のおすすめの観光場所(堀川遊覧船)を紹介される横田先生。もちろん英語です。
また、楠木君と豊永君(B4)もバンケットに参加しました。

余興では安来節が披露されました。
楠木君「松江に来て6年目になるんじゃけど、初めてみたわ」

最終日には、先生の発表がありました。

発表中の横田先生。

研究室メンバー全員で先生の英語での発表を聞けて勉強になりました。目標としたい発表でした。

横田先生、楠木君、石川君、ハイダ君お疲れ様でした!
また、会場の受付、マイクランナー、照明のアルバイトを研究室メンバー総出で行い、良い経験となりました。

他研究室の方もアルバイトにご協力くださり、ありがとうございました!


~おまけ~

アルバイトでは、昼食が付いていました。

豪華なお弁当で予想以上にボリュームがありました。

楠木エイジ with B

「じゃあ質問です!楠木君はお弁当を何個食べたと思っているの?」
♪~♪~♪~
「…35億!」(3個です)

島大の先輩のネタを拝借しました。

2017年10月25日

InterOpto2017

2017年 10月 6日

10月4~6日の3日間、InterOpto2017が開催されました。開催場所がパシフィコ横浜から幕張メッセに移りましたね。光応用研究室は、今回で4年連続の出展になりました。昨年に引き続き、研究室からはM2の岡田君が参加しました。

今年の会場はここ!幕張メッセです。

エントランスです。

会場の様子。

出展ブースと並ぶ岡田君です。
実は写真を撮り忘れていたので,最終日の終了後に撮ったため、表情が…^^;
頑張った様子が伺えますね^^

途中、ディスプレイを通路側から見えやすいように工夫したり、
他の出展ブースにチラシを持って呼び込みしていたようですよ!

先月のTEST2017に続き、横田研OB(現 東洋精機製作所)の金森さんと3日間、
ブースで説明を行いました。

岡田君、金森さんお疲れ様でした。


~おまけ~

展示会後に時間が少し空いたので、会場周辺をぶらぶらしました。

駅を降りるとマーくんとリーンちゃんが歓迎してくれました。

チジミとサムギョプサル

韓国の方が焼いてくれました。本格的で美味しかったです。

満喫しました。

2017年10月06日

進路決定飲み会

2017年 9月 21日

M2とB4合わせて6人の進路が無事決まりました。おめでとうございます!
ということで、大学前の「きて屋」で飲み会をしましたよ。
きて屋での飲み会は横田研発足時(9年前)以来だそうです。

うっちー(右手前)が沖縄旅行のみやげ話を語ってくれました。

(左:豊永君 右:ハイダ君)
次に豊永君が場を盛り上げてくれましたが、その後…

(右奥:楠木君)
楠木君のおじいちゃんの話でみんなひと笑しました。
この後、岡田君と石川君と話が続きましたが…おや?

豊永君が完成していました。

Before?(レモンを3つほおばっていました)

After(メガネをグラスにつっこんだり、投げたりとメガネがかわいそうでした)
このあと、メガネをタルタルソースにINしたことは内緒です。

そうこうしているうちに楽しい時間は過ぎ、最後にきて屋の前で写真を撮りました。

うっちー ... さすがです(笑)

後期もこのメンバーでがんばっていきましょう!!!

2017年09月21日

TEST2017~第14回総合試験機器展~

2017年 9月 15日

9月13~15日の3日間、東京ビッグサイトで開催されたTEST2017(第14回総合試験機器展)に「光応用研究室」として出展しましたよ。研究室からはM1の石川君が参加しました。

同時に6つの展示会が開催され、他の展示会にも足を運ぶことができます。展示会場は松江市のくにびきメッセの大展示場が6つ収まるほどの大きさ(約7700坪)で、TEST2017のみで66の会社・団体が出展されていました。

会場の様子

研究室ブースと並ぶ石川君

ディジタルホログラフィを応用した塗料などの乾燥評価や研究内容について説明しましたよ。
また、2016年6月に(株)東洋精機製作所様と共同開発し製品化した、塗装乾燥硬化評価装置「キュアテスタ」のデモも行いました。

3日間で研究室のブースには210名以上の方にお越しいただけました。
お疲れ様でした。

1日目と3日目には、昨年度卒業された金森さん(現:東洋精機製作所)と一緒にブースで説明しました。
展示会終了後、記念に一枚!

(左:石川君 右:金森さん)

総来場者数はTEST2017で11,857名(同時開催も含めると63,378名)だったそうです(驚)。


2017年09月15日

サイエンスカフェの記事が山陰中央新報に掲載されました!

2017年 8月 29日

8月29日の山陰中央新報に第71回島根大学サイエンスカフェの記事が掲載されましたね。横田先生が話された内容の一部が取り上げられています。

 

新聞に掲載されることでより多くの人に研究内容を知ってもらえると嬉しいですね♪

 

2017年08月29日

第71回島根大学サイエンスカフェ

2017年 8月 28日

くにびきメッセにて、第71回島根大学サイエンスカフェが開催されました。今回は「ホログラフィの昔と今」というテーマで、横田先生がご講演されました。

準備中の会場です。

 

多くの方が来場していただきました。

 

 

パワーポイントで説明をする横田先生。

 

 

質問に対し、分かりやすく解説をされてました。

 

これを機に、もっと多くの人にデジタルホログラフィを知ってもらいたいですね。


横田先生、本当にお疲れ様でした。


2017年08月28日

H28年度卒業生 ご来校

2017年 8月 12日

 昨年度卒業された金森さん、竹田さん、中島さんがご来校くださいました。
 横田研での出来事など、話に花が咲きました。

 

左から、中島さん、竹田さん、横田先生、金森さん。
金森さんが、お仕事のお話をされている写真です。

一方、在学生メンバー。
話を聞き入っていますね。

 

お菓子を食べながら、歓談している様子。

 

最後は皆で記念写真。ご来校、ありがとうございました。
次は横田研10周年記念のOB会でお会いしましょう。

2017年08月12日

伊藤研と合同飲み会

2017年 8月 9日

伊藤研と初めて合同飲み会を大学近くの「炉端かば」で行いました。

道中の様子です。

日程の都合上、全員参加とはなりませんでしたが、横田研8人&伊藤研8人、総勢16名で行いました!
元山本研の2人も参加して下さいました。

以下,飲み会の様子です。

 

最後に撮った集合写真が消えてしまったことが残念です(;_;)

両研究室の親睦が深まったと思います。また一緒に飲み会しましょう。
今後ともよろしくお願いしますね!

 

2017年08月09日

2017年度 島根大学 オープンキャンパス

2017年 8月 5日

島根大学オープンキャンパスが開催されました

高校生のみなさんに僕らの研究を知ってもらえるチャンスです

発表のトップバッターは豊永君

かなり緊張した面持ちでした

初々しい発表に見かねて横田先生からの救援が…申し訳ないです(ノ◇≦。)

 

やはり横田先生の説明は分かりやすくあの高みにいくのは難しそうです

次は楠木君

スムーズな発表をする楠木君

流石は院生は発表は慣れっこのようです

内田君、石川君ペアの発表

実験装置を説明する内田君

堂に入った発表の内田君、高校生の方々も一生懸命聞いてくれています

 

ハイダ君も

自分の研究について熱く語るハイダ君

その熱意に答えるようにみなさん真剣な眼差しです

岡田君、玉置君ペア

三人とも笑顔な岡田君、玉置君、ハイダ君

こちらは終始笑いが絶えない様子でした

その話術、ほしい…(´◉◞౪◟◉)

 

研究室見学には数多くの見学者が来て下さり感謝の限りです

少しでも僕らの研究に興味を持っている高校生のみなさん、

光応用計測研究室に入ってみませんか?、毎日がとても楽しいですよヾ(⌒▽⌒)ゞ

2017年08月05日

2017年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会

2017年 7月 29日

応用物理・物理系学会 中四国支部合同学術講演会において、石川君がオーラル発表しました。

今回は愛媛大学城北キャンパスで開催されました。

正門にて。緊張感が高まりますね。

キャンパス内の様子。

工学部1号館です。
「工学部棟だけで7棟もあり、棟の多さに驚いた」と石川君。

 

発表会場の様子です。

45分間のランチ懇親会に参加しました。鳥取大学のある研究室の方々と交流し、特に他大学の研究室の様子について知ることができて500円以上の価値があったとのこと。
発表後、「初めての口頭発表だったけど、他大学の院生の発表を聞いて勉強になった」と言っていました。今後の発表に活かして欲しいですね。

お疲れ様でした。

 


松山市内は環状に路面電車が走っており、行き帰りの交通手段は路面電車でした。電車がオレンジ色なのはみかんと関係あるのかな・・・?

 

2017年07月29日

島根大学 総合理工学部のパンフレットに掲載

2017年 7月 21日

 島根大学 総合理工学部のパンフレットに、横田研究室の研究内容が掲載されました。

表紙にはハイダ君も載っています。

 

このページの3段目に研究内容が書かれています。
写真には石川君と楠木君が写っています。

2017年07月21日

島根大学お宝研究(特色ある島根大学の研究紹介)に横田研の研究内容が掲載!!!

2017年 7月 18日

 横田研究室の研究内容が「島根大学お宝研究(特色ある島根大学の研究紹介)」という冊子に掲載されました。こちらのリンクから詳細が分かりますよ。

研究の概要や今後の展望などが紹介されています。

 

昨年10月17日に「島根大学研究表彰」が行われました。
そのとき表彰された3名の名前と研究内容も、同冊子に取り上げられています。

2017年07月18日

第16回 宍道湖沿岸エビ取り大会

2017年 7月 14日

 横田研恒例行事のエビ取り大会が開催されました。今回も重量制で競い合います。
今回の特別ルール「1位の人が、あるジュースを飲む量を決める」「2位の人が、飲む人を指定できる」 「あるジュース」はこのページの後半で登場しますよ。
 そして、この日は伊藤研究室の方々も参加してくださいました。

以前エビ取り大会に参加してくれた河野君(左)と荒川君(中)。
そして、なんと伊藤先生(右)もご参加下さいました。よろしくお願い致します┏○ペコ

 

今回、伊藤研から初参加してくれた加納君(左)と砂川君(右)。
・・・かわいそうな構図になってない?

横田研としては、前回のリベンジを果たしたいところ。ですが・・・

この日の宍道湖岸。足場がありません!
しかし、今回はこのコンディションでスタートです。

 

 

ばらける皆。

 

エビ取りポイント探し中の岡田君と石川君。
もっと東に行く、とのこと。行ってらっしゃい。

 

開始直後から裸足のハイダ君。やる気十分です。

 

奥から、横田研の玉置君、伊藤研の砂川君と加納君。
初参加で悪コンディションの宍道湖にどう立ち向かうか?

 

水にも入れるよう、服装から戦略を練ってきた笑顔のうっちー。
楠木君「いや、笑顔なんですけど、これ僕を湖に落とそうと向かってきたときの写真なんです」
ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ 

 

一方、早速1匹捕まえた豊永君。
負けてられないですね。

 

エビを探る横田先生。
闘いが始まる前の横田先生「ジュース飲む人を指定するなら楠木君だから」
楠木君「やばいやばいやばいやばい」(゚Д゚;)

 

初エビ取りの伊藤先生。
伊藤先生「学生の自主性に任せたら、参加することになりました」
伊藤研の学生さんが伊藤先生を誘ってくれたみたいです。そんな伊藤研の学生2人は?

明るいうちはあまりエビが出ないので、地域の方と触れ合う河野君(左)と荒川君(右)。
河野君はあまりに見つからな過ぎて・・・

 

こうなりました
(๑و•̀Δ•́)وファイト!!

 

帰ってきた岡田君と石川君。
足場がなくて良いスポットでは無かった、とのこと。ドンマイ。

 

荒波をバックに石川君を撮影。
さっきとは真逆の西側で戦うと決めたらしいです。

 

それでは結果発表ですが、その前に「あるジュース」とは何かを記述します。

ノニジュースです。正直美味しくはないですが、
健康ドリンクですので、興味のある方は飲んでみてください。
楠木君が青ざめる理由もわかると思いますよ。

 

改めて、エビ取りの結果発表!!

1位 石川君  119g
2位 横田先生 114g
3位 河野君  62g
4位 楠木君  45g
5位 ハイダ君 40g

石川君と横田先生は再び100gオーバー。どこにそんなエビが?
伊藤研では河野君が1位です。楠木君「次は勝ちたかったーー」

 

ちなみに、今回一番大きなエビを捕ったのはうっちーでした。
重さ22g、目からしっぽの先までが約8 cmです。

 

さて、この結果で決まったこと。それは楠木君がノニジュースを飲むことです。

写真を撮るために走り回っていたので汗だくになった楠木君。
ノニジュースを飲むとき、憂鬱な表情を隠しきれていません。
楠木君「僕はこのジュースと相性が悪いんですよ(T﹏T)」

 

何故かもう一杯注ぐ笑顔のうっちー。Ψ(`∇´*)Ψモットノメ

 

自分の成績が思わしくなかったということで、懺悔の意味を込め、
自らノニジュースを飲んだ荒川君。楠木君「やっぱり笑顔引きつるよね!!」。

 

間違い探し:タイトル「エビ取り後の、笑顔の伊藤研メンバー
※河野君が背後霊っぽい・・・ではありませんよ(  ̄∇ ̄)

 

最後は皆で写真撮影。総勢13人の闘いが終結!・・・ですね。
皆様、お疲れさまでした。

 

闘いの後の横田研学生達

今回1位の石川君。
石川君「裸足で水に入って、何回もヒヤリ・ハット体験したよ(滑りかけたよ)」

 

横田研、学生間2位の楠木君。
楠木君「これで、横田研OB会のエビ取りマスターズ参加権が得られたよ^^」
疲労と満腹感から皆の食事中に、満足そうに眠りこける楠木君。

2017年07月14日

横田先生が国際学会に参加

2017年 7月 7日

 横田先生が国際学会参加のため、ドイツへ行かれました。学会は現地の日付で6月26日~29日まで。
時差は9時間くらいですね。さて、その様子は・・・

今回の会場の出入口。ここで4日間の発表がありました。
知らない国旗が多いよ!

 

横田先生のブース。ここで研究説明をされるのです!

 

学会の様子。説明を聞く&話す で議論を深めています。

 先生が研究説明をされる中、日本では見かけない光景を見たそうです。
なんとケータリングコーナーでアルコールが出ていた!とのことヽ( ゚д゚)ノオー 1人に1杯までだそうですが、驚きですね。

 さて、そんなドイツの、町の様子はどうかというと・・・

 

 建物 高!! 晴天でのこの光景、絵になりますね。

 

ぱっと見て思うのは、やっぱりきれいですねー、ドイツ。

 

どこの宮殿だ?っていう感想(´- `*)ネー
「まるでゲームに出てくるような」っていう形容がしっくりきます。

 

 また、横田先生がお土産を買って下さいました。2種類あったのですが、1つは撮り忘れました・・・

お土産。
もう一方は生姜にチョコをコーティングしたものだったのですよ。

 

クッキーを頬張る楠木君。美味しい(@ ̄¬ ̄@)
石川君「エサ食べてる動物みたい」・・・いやいやいや、そんな写真ではないはず!?

 

 以上がドイツでの学会~後日談です。横田先生、海外での学会お疲れ様でした。

2017年07月07日

学生による研究発表会&産学交流会

2017年 7月 5日

岡田君が、学生の発表者の1人として参加しました。3分間で自分の研究紹介をし、その後ポスター発表がありました。
ただ・・・会場内は写真撮影禁止! でしたので、発表後にポスターのみ撮影することに。

それがこのポスターです。

発表、緊張したと話していた岡田君。「終わった後、学生居室にて ぐったりしている岡田君」という写真が撮れそうでした。発表会お疲れ様。
話を聞きに来て下さった方々、ありがとうございました。

2017年07月05日

アナログホログラムの露光と現像

2017年 6月 某日

 島根大学の理工特別コースでは、どこかの研究室に行き、そこで勉強したことを発表する授業があります。横田研にも1人来てくれました。アナログのホログラフィの学習のため、実際にフィルムにコインなどを記録してもらいました。

これから物体を記録します。

 

現像中・・・

うまく記録できたのか、結果は彼の発表後に追記しますね。

2017年06月24日

研究室の風景4 - ガラポン抽選会

2017年 6月 22日

島根大学には、年に2回、ガラポン抽選会があります。券を数枚持っていたので、楠木君と岡田君が引いてきました。

 

がらがらと回す岡田君。この表情、参加賞以外の何かが出たようです。

 

その結果は・・・

5等が当たったようです。
引いたもの全部が参加賞だった楠木君にあげていました。楠木君ドンマイo(*・ω・)○ ファイトー!

2017年06月22日

研究室の風景3 - 公園で野球

2017年 6月 某日

菅田公園にて、横田先生&学生で野球。

 

バッター:ハイダ君、 キャッチャー:うっちー

野球経験者の横田先生と岡田君の白熱勝負!!

皆で休憩。買い出しは楠木君。

バッター:石川君、 ピッチャー:豊永君、 会心の一打!

バッター:えいじボーイ

玉置君は就活中・・・次はメンバー全員でやろう( ๑ ╹ ◡ ╹ ๑ )ノ

2017年06月17日

研究室の風景2 - 昼食

2017年 6月 5日

はちだい丸にて、横田先生と研究室の学生全員で昼食。

 

 

ときどき皆でご飯を食べに行くんですよ(*゚v゚`*)

2017年06月05日

横田研究室の記事が広報しまだいに掲載!!

2017年 6月 1日

島根大学広報誌 広報しまだいに横田研究室の記事が掲載されました。島大のホームページには、Vol.32 がまだアップロードされていない模様。横田研究室が取り上げられた部分を掲載します!

 

横田研究室の記事。ディジタルホログラフィとは何か?ということや研究内容、
昨年、企業との共同開発により製品化された「キュアテスタ」についても掲載されています。

 

2017年06月01日

横田先生の記事が広報しまだいに掲載!

2017年 6月 1日

島根大学広報誌 広報しまだいに横田先生の記事が掲載されましたよ。2016年10月22日(土)に開催された公開シンポジウム「夢の先進研究大公開」にて、横田先生が話された内容の一部が取り上げられています。

 

横田先生の記事。PDF資料はこちら
多くの方々に研究内容を知ってもらいたいですね。

このシンポジウムの最後に行われたパネルディスカッションの様子は2016年のEventに載せています。

2017年06月01日

研究室の風景1 - 外書輪読中の実験

2017年 5月 29日

外書輪読中にヤングの実験をしている、横田研メンバー。

 

干渉縞はなかなか見えません。

 そういえば最近、暑くなってきましたねー(・ω・; )

2017年05月29日

OFT研究会_第1回研究会

2017年 5月 25日

石川君が島根大学で開催される、光ファイバ応用技術研究会(OFT)の第1回研究会に参加しました。石川君にとっては初の学会参加となります。ポスター発表 ファイト!!

 

石川君のブース。ここで研究内容の説明をします。
練習の成果を見せるとき!!

 

来てくださった方に説明する石川君。
後から聞きましたが、すごい緊張したとのこと。
(写真の提供ありがとうございました<(_ _*)> アリガト)

 

終わったら、バンケットに参加しました。豪華な食事ももちろん楽しめましたが、研究会に参加された企業の方や学生の方と交流できたのが良かったとのこと。
研究会も、「緊張はしたけど、多くの人が来てくれて良かった。持ち時間(1時間)があっという間に過ぎたよ」って笑顔で言ってました。

研究会に参加された方々、お疲れ様でした。

2017年05月25日

第15回 宍道湖沿岸エビ取り大会

2017年 5月 17日

横田研恒例のエビ取り大会を行いました。今回から初参加となるB4の4人はどんな記録を残したのでしょうか。

ちなみに今回から、「4 cm以上のエビの獲得数」ではなく、「捕ったエビの重量」で競います。

宍道湖の様子&参加者の様子。
天候に恵まれましたよ。

 

それではエビ取りスタート!!

昨年、エビ取り大会の優勝経験者の石川君。その腕が今大会も光ります。

 

岡田君。OBの先輩なら実力は分かるはず・・・

 

エビを探される横田先生。
明るい内は、なかなか現れないとのこと。
このことを知らないB4はきっと焦るはず・・・

 

明るいうち、なかなか捕れないと不安になる玉置君。
その通りですψ(`∇´)ψ

 

笑顔で撮影に対応してくれたハイダ君。一方・・・

 

宍道湖を背景に、ビシッと決めてくれた内田君。
これ以降、内田君だけ「うっちー」と表記します。

 

辺りが若干暗くなったときに撮った、豊永君の写真。
彼の体勢が珍しかったので、撮らずにはいられなかったとか(笑)

 

学生居室にて、重量計を押さえる楠木君。
今回から、捕ったエビの総重量で競うことを強調 φ(-ω-*)メモメモ

 

さて、今回の新ルールで争った結果はーーー

1位 横田先生  184g
2位 石川君   152g
3位 うっちー  43g
でした。大きなエビの写真を撮らなかったのはミスでした /(^o^)\ナンテコッタイ

エビ取り大会の後は、近くの飲食店アガンで表彰式を行いました。

 

学生間優勝の石川君(左)とアガンの店員さん(右)。
エビ取り大会の途中に、石川君が話しかけられた方がアガンの店員さんでした。
アガンで奇跡の再会!!そこから仲良くなったらしいです。
というわけで、許可を頂いてツーショット&アップロード。

 

学生間準優勝のうっちー。
大会中のキメ顔から一転、∩( ・ω・)∩ ばんざーい というテンションです。
左手に持っているナンにはカレーで顔を描いていますが、わかりますか?(両目と口ですよ)
とにかく、初参加にして学生間2位、おめでとうございます。

次は、伊藤研究室のメンバーにリベンジしたいですね。次こそ負けぬ!!

皆さん、お疲れさまでした。

2017年05月17日

横田研OB 石倉さん ご来校

2017年 4月 18日

横田研OBの石倉 賢さんが、株式会社JR西日本テクシアの会社説明会のためご来校されました。

会社の事業内容以外にも、現場でしか分からない苦労・裏話を教えて下さる石倉さん。
でも雰囲気は暗い感じではなく、冗談を交えながら熱く語って下さいました。
その上で、伝える力やコミュニケーションの大切さを説いて頂きました。
ぜひOBの声も見てみて下さいね。

 

会社説明会の後は横田先生、石倉さん、学生を交え、服部珈琲工房に行きました。

思い出話にすごい花が咲きました^^
聞いている学生たちも笑いっぱなしです。
横田研に来て1年以上経つのに、知らないストーリーも多々あるな(‾▽‾ )と感じる時間でした。

 

置いていかれる岡田君と楠木君・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・待って! 待って!!

 

 

最後は研究室に戻って談話 & 記念の写真撮影。
久しぶりの学生居室、いかがでしたか?

石倉さん、研究室まで足を運んでくださりありがとうございました。お土産のお菓子、美味しかったですよ。次は横田研10周年記念のOB会でお会いしましょう。

2017年04月18日

卒研生歓迎会

2017年 4月 14日

"はちだい丸"にて卒研生の歓迎会を行いました。今年は8人での歓迎会です。

 

 

豊永君が地元のことを話してくれました。そしてイジられていました^^すごい賑やかな歓迎会となり、楽しめましたね。
これから始まる日々を大切に過ごしていきましょう。

2017年04月14日

卒研生配属

2017年 4月 4日

さて、2017年度最初のEventは、卒研生配属後の横田研のワンシーンです。

左から順に豊永君、内田君、HAIDAR(ハイダ)君、玉置君です。

来たばかりで若干緊張しているようでした。

これから1年間よろしくお願いしますね。

2017年04月04日