足立 徹 (2010年度 修士卒業)

 研究室は楽なほうがいい,そう考えている人も多いでしょう。しかしそれでは会社に入ってから苦労することになります。
 入社すれば社内外へ提出する報告書や取説などの色々な書類を書くことになります。...
続きを表示する
 そんな時に研究室で学んだことが役に立ちました。研究室では卒論,修論をはじめ,学会の予稿や日々の報告書などの文章を書くことになります。そのたびに先生に指導を受け,論理的でわかりやすい文章の書き方を学びました。論理的な文章を書くということは何を書くにも共通することです。
 研究に直接関係した仕事に就くことは稀だと思いますが,研究室で学んだことは社会に出てから絶対に役立ちます。 大学で学んだことのうち,多くのことは研究室で学んだと感じています。
 学部での1年間,あるいは大学院を合わせると3年間,同じ授業料を払うなら少しでも多くのことを学んでから卒業するべきです。やる気のある人には横田研を是非お勧めします。

2011年03月31日